帝京科学大学生理心理学研究室との共同研究「なでなでワンちゃん」に、 集中力を高める効果を確認

撫でると鳴く、呼べば応える犬型ロボット「なでなでワンちゃん」に、集中力を高める効果を確認

トレンドマスター株式会社(代表取締役 中田敦/以下トレンドマスター)は、帝京科学大学(山梨県上野原市)生命環境学部アニマルサイエンス学科生理心理学研究室、小川家資(おがわいいじ)教授の研究室との共同研究により、本物の犬の声で撫でると鳴く、呼ぶと答えるペット型コミュニケーション・ロボット「なでなでワンちゃん」に、人の注意・集中力を高める効果があることを確認した。

帝京科学大学の研究室の実験では、実験参加者に簡単な計算の課題を与えた後に、「なでなでワンちゃん」で遊んでいるときと、雑誌を読んでいるときの前頭前野の脳波測定を行った結果、実験参加者14人中9人に、「なでなでワンちゃん」と遊んでいるときの方が注意・集中力が高まり、14人中6人に、遊んだ後に計算課題のパフォーマンスが大きく増加することが確認された。今回の実験結果から、「なでなでワンちゃん」は鳴き声が変化したり、音に反応して鳴くため、遊んでいる間、注意・集中していると考えられ、人の脳活動の活性化に役立つ可能性があることが判った。

人は、ペットと共に生活することで心身の機能を高めることができるが、近年、住宅事情やアレルギー、また、世話が重荷となり、犬を飼いたくても飼えない人が増加している。当社と帝京科学大学とは、犬好きの人のクオリティ・オブ・ライフを高めるペットの代理について、今後も共同研究を推進していく。

左から帝京科学大学 小川家資教授  脳波測定の様子  脳波測定中の参加者(例)

「なでなでワンちゃん」(希望小売価格各7,538円/税込)は、スマートフォンのパネルに活用されている静電センサーを頭、背中・尻尾の3か所に配置、今までのスイッチとは違い、撫でると触るの違いを感知して、鳴き声を変える。新たに音センサーも内蔵し、呼べば答える新機能も追加している。犬種は、トイプードル、しば、ミニチュアダックスの3タイプがある。昨年12月25日(日)に発売し、子供からお年寄りまで、幅広く購入されている。

左から、トイプードル・しば・ミニュチュアダックス

<商品概要>

  • 商品名:「なでなでワンちゃん」3点(トイプードル・しば・ミニチュアダックス)
  • 価 格:7,538円 (税抜価格6,980円 税8%)
  • セット内容 : なでなでワンちゃん 本体
  • 商品サイズ: W330 × H140 × D220 mm
  • 商品重量:230g
  • 発売日:2016年12月25日(日)
  • 対象年齢:3歳~
  • 取り扱い場所:百貨店・専門店・カメラ量販店・Web販売・通信販売・病院売店・介護用品店、他
  • 年間販売目標:3万個
  • 版権表記:(C) TRENDMASTER
  • 仕様電池:単4アルカリ乾電池2本(別売り)